CASTAÑER



エスパドリーユは、スペインとフランスの国境、バスク地方で誕生しました。
語源の由来は、靴底に編み込んだエスパルトと呼ぶイネ科の草。
港湾労働者や農民の作業靴だったエスパドリーユをファッションシーンに引き上げ、1927年に
創業したのがカスタニエールです。
イザベル・カスタニエール氏が1960年代にイヴ・サンローランの為にウェッジタイプの
エスパドリーユを製作したのを機に、その名は世界に知れ渡りました。
以降、さまざまなメゾンのシューズコレクションを手掛け、昨今でもシャネルやロエベ、
クリスチャンルブタンなどの製作をCASTAÑERで担っています。

CASTAÑERの商品一覧を見る